準会員から正会員への会員種別変更について

会則では、正会員について「正会員は、本会の目的に賛同する医師ならびに聴覚医学分野の研究に従事する個人とする。」(日本聴覚医学会会則第3章第5条1)と定められています。

一方、準会員については「準会員は、正会員以外で入会を希望する個人とする。」(日本聴覚医学会会則第3章第5条3)と定められています。

今回、理事会は当該事項につき検討し、以下の条件を満たす準会員で希望する者を、会員種別において聴覚医学分野の研究に従事する個人とみなし正会員への種別変更を認めると決定致しましたので、ここにお知らせ致します。

 

会員種別における聴覚医学分野の研究に従事する個人の基準

(1)会誌(AUDIOLOGY JAPAN)または聴覚医学分野のピアレビューがある英文学術誌に筆頭著者として論文発表2編以上または、

(2)日本聴覚医学会奨励賞受賞者
上記(1)または(2)に該当する準会員が正会員になることを希望する場合は、該当する論文別刷に評議員1名の推薦書を添えて、日本聴覚医学会あて、会員種別変更願いをご送付下さい。理事会での審議、承認ののち正会員に変更を行います。

日本聴覚医学会