一般社団法人日本聴覚医学会 | Japan Audiological Society

総会・学術講演会

第66回日本聴覚医学会総会・学術講演会

第66回日本聴覚医学会総会・学術講演会を下記のごとく開催します。

会期 令和3年10月20日(水)21日(木)22日(金)
各種委員会理事会代議員会は10月20日(水)に行います。
会場 昭和大学上條記念館
〒142-0064 東京都品川区旗の台1-1-20
TEL 03-3784-8030
演題募集 聴覚医学に関連する演題を募集します。今回は以下の2題を主題とします。

主題1 軽度・中等度難聴に対する聴覚リハビリテーション

軽度・中等度難聴は周囲より気づかれにくい反面,日常のコミュニケーションに支障をきたす事が多い。聴覚リハビリテーションとして本人,家族へのカウンセリング,補聴器による聴覚補償などがある。若年者では進学,就労など環境の変化に伴う聴覚補償,情報保障の調整,高齢者では補聴意欲を引き出し,補聴器を適合させることが必要である。軽度・中等度難聴に対する聴覚リハビリテーションの有用性,意義,問題点を議論する。

主題2 若年発症型両側性感音難聴

指定難病の1つに若年発症型両側性感音難聴がある。近年,遺伝子との関連が少しずつ明らかにされてきているが病態解明には至っていない。臨床像では緩徐に進行するものから比較的早く進行して重度難聴・聾になるものまで様々であり,原因遺伝子ごとに臨床像も異なる。難聴に対しては補聴器や人工内耳による補聴がなされるが,病態は進行性であり,長期の観察・対応が必要である。本疾患の臨床像,病態,聴覚補償の現状を議論する。

演題募集の詳細については,第66回日本聴覚医学会総会・学術講演会のホームページ(http://audiology66.umin.jp/)をご覧ください。

会則により,筆頭演者および共同演者は,正会員または準会員であることを要します。

演題募集期間 令和3年4月7日(水)~令和3年6月9日(水)
申込方法 オンラインによる登録とします。第66回日本聴覚医学会総会・学術講演会のホームページ(http://audiology66.umin.jp/)から所定様式にてお申し込みください。オンライン登録に関して不都合のある方は,事務局にご相談ください。

予稿集原稿には,目的,方法,結果などについて具体的に記述し,図表も指示にしたがって電子ファイルで入力し,口演に一致する内容を会誌1ページ分にまとめてください。なお,予稿集の著作権は日本聴覚医学会に属します。演題の採否ならびに主題の指定は会長にご一任ください。

第66回日本聴覚医学会総会・学術講演会
会長 昭和大学医学部耳鼻咽喉科学講座
教授 小林 一女

事務局 〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
TEL 03-3784-8700 FAX 03-3784-3757
E-mail audiology66@sunpla-mcv.com
担当 木村 百合香

PAGETOP
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

Copyright © 日本聴覚医学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.