一般社団法人日本聴覚医学会 | Japan Audiological Society

総会・学術講演会

第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会

第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会を下記のごとく開催します。

会期 2019年11月6日(水)7日(木)8日(金)
各種委員会理事会代議員会は11月6日(水)に行います。
会場 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5-3-51
TEL 06-4803-5555(代) FAX 06-4803-5620
演題募集

聴覚医学に関連する演題を募集します。今回は以下の2題を主題とします。

主題1 感音難聴への挑戦-人工聴覚器から再生医療まで

Science およびTechnology の進歩は日進月歩,いつの時代も新たに開発された最先端の医療・科学技術が臨床の現場へ新規治療法として導入されてきた。それらの最新治療の有効性と安全性について,科学的・論理的に丁寧に検証を行う作業もあわせて継続されてきた。感音難聴と耳鳴りを主要な研究テーマの一つとする聴覚医学の領域においても,過去から現在まで,それぞれの時代において常に新たなる挑戦が続けられてきた。

本主題では,人工聴覚器,遺伝子治療や再生医療など感音難聴に対する新たなる挑戦について科学的な検証を加え,「聴覚医学と基礎医学の融合,未来医療の展開」について議論する良い機会としたい。

主題2 聴覚の分子機構-有毛細胞から聴覚中枢まで

1990年代に入り分子生物学的研究手法が導入され,聴覚医学研究においても大きなbreakthrough がもたらされた。有毛細胞から蝸牛神経,蝸牛神経核から下丘,1次聴覚野からさらに上位の聴覚中枢まで,膨大な量の新しい知見が加えられ,同時に,電気生理学的研究手法,形態学的研究手法にもそれぞれ大きな進化があった。

これらの研究成果を系統的・総合的に昇華させる形で,有毛細胞から聴覚中枢に至る聴覚分子機構の解明が進み,さらに,その成果は臨床の現場にフィードバックされ,新たな聴覚機能検査や画像検査の発展につながった。本主題では,有毛細胞から聴覚中枢まで,聴覚の分子機構に関する新たな知見を検証し,「聴覚医学と基礎医学の融合,未来医療の展開」について議論する良い機会としたい。

演題募集の詳細については,第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会のホームページ(http://audiology64.umin.jp/)をご覧ください。

会則により,筆頭演者および共同演者は,正会員または準会員であることを要します。

演題募集期間 2019年5月8日(水)~2019年7月10日(水)
申込方法

オンラインによる登録とします。第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会のホームページ(http://audiology64.umin.jp/)から所定様式にてお申し込みください。オンライン登録に関して不都合のある方は,事務局にご相談ください。

予稿集原稿には,目的,方法,結果などについて具体的に記述し,図表も指示にしたがって電子ファイルで入力し,口演に一致する内容を会誌1ページ分にまとめてください。なお,予稿集の著作権は日本聴覚医学会に属します。演題の採否ならびに主題の指定は会長にご一任ください。

第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会
会長 近畿大学医学部耳鼻咽喉科学講座
   教授 土井 勝美

事務局 〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL 072-366-0221 FAX 072-368-2252
E-mail audiology64@sunpla-mcv.com
担当 大崎 康宏
PAGETOP
Copyright © 日本聴覚医学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.