一般社団法人日本聴覚医学会 | Japan Audiological Society

Audiology Japan, 1958

 
学術誌


見たい年を

クリック

1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
 2003〜

 
分類 著者名 論文名
  シンポジウム カナマイシンによる難聴の臨床と動物実験 92
1 瀬川幸典,他 実験的眼振検査について 68
1 上村卓也,他 一集団におけるカロリグラムについて 69
2 志多 享 強大音負荷と蝸牛電位との関係に就ての二,三の問題 43
2 小西輝三,他 CMIIの検討 61
2 丸山直滋,他 超微小電極法による聴覚中枢の研究(その2 大脳皮質に於ける興奮の態度とその意義) 61
2 高倉 稔,他 聴覚疲労と補充現象(蝸牛反応による研究) 69
2 渋井弘一 耳栓骨導差の成因に関する実験的研究 71
3 法水正文,他 純音精密聴力検査の域値決定について考慮すべき現象 13
3 服部 浩 両耳効果について 75
3 恩地 豊,他 方向音覚の研究 75
3 磯島愿三,他 複合音の最小可聴域値 75
3 永田 実,他 複合音刺戟に依る聴覚の変動 79
4 奥田 稔,他 新聴力検査室について 1
4 熊谷一郎,他 高音域聴検方法の検討  14
4 村島昌一 自由音場検査による一側性難聴の聴力に就いて 15
4 津田修三,他 音盤及びテープレコーダーによる語音聴カ検査に就いて 19
4 後藤修二,他 Difference Limen Test の検討 20
4 原口静彦,他 Difference Limen Test について 25
4 大和田健次郎,他 Difference Limen Test の検討(一耳での二音比較法) 28
4 小倉義郎,他 学童聴力検査で得た二つのことがら 30
4 金谷 真 高度難聴幼児の PGSR 法及び Startle reflex test による検査成績 31
4 辛島正信,他 幼児オージオメトリーの信頼性と精神発達年令との関係 32
4 小西輝三,他 Psycho-Galvanic-Skin-Reaction による聴力検査法の検討 33
4 河田正一,他 聴覚刺戟による体表面の微細振動の変化(Myotonogram による他覚的聴覚検査について) 34
4 辛島正信,他 純音による個人的撰別検査法の研究 37
4 深田実三 スイープ・オージオメータによる撰別試験成績 38
5 高倉 稔,他 海猽(モルモット)の大脳皮質聴領に於ける音響誘発電位について 62
5 森脇美都夫,他 外ジルビ回と上ジルビ回に於ける音刺戟に依る皮質誘発電位について(猫での) 66
6 武山貢次,他 Operation Audiometry 39
6 小西輝三,他 職業性難聴の受傷性,特に年令因子について(附 内耳機能よりみた二重負荷の交互作用について) 42
6 木村幾久子 騒音現場従業者の連続音による閾値上昇(TTS)について 44
6 立木 孝,他 所謂音響外傷の臨床的研究 47
6 久保正雄,他 国鉄騒音職場従業員の聴力検査成績 50
6 大藤敏三,他 鉄鋼関係騒音下従業員の聴力検査成績に就て(附 コンドロン長期投与による職業性難聴進行防止) 50
6 長光昭男 頭部外傷後の難聴の経過とメニエル氏病の合併 53
6 高倉 稔,他 聴器の受傷性の左右対称性及び聴器の受傷性の個体差について 58
6 堀口申作,他 原因不明の内耳性難聴に関する研究(第一報) 81
6 設楽哲也,他 高齢者の聴力についての再検 84
6 久保正雄,他 SM 難聴予防の臨床的観察 90
6 串田秀夫 職業性難聴並びに耳鳴の薬剤による集団治療に就て 91
8 前川重和 労災保険と聴力測定成績 55
8   語音聴力検査用レコード解説 93
PAGETOP
Copyright © 日本聴覚医学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.