一般社団法人日本聴覚医学会 | Japan Audiological Society

Audiology Japan, 1982

 
学術誌


見たい年を

クリック

1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
 2003〜

 
分類 著者名 論文名
2 六郷正暁,他 蝸牛内リンパ電位(EP)の Negative Potential に関する検討 165
2 秋吉正豊,他 ATP の内耳末梢血管系に及ぼす形態学的研究(第2報)―十二指腸内投与による検討― 614
2 加納直行,他 Reserpine 処置動物の内耳液電解質 259
2 阿部 登,他 ダブルバレルK+イオン電極法による血管条内K+イオン濃度の検討 261
2 小宗静男, カナマイシン中毒動物における蝸牛内静止電位の性質 263
2 井手 稔,他 カナマイシン中毒動物における蝸牛管カリウムコンダクタンスの変化と負の蝸牛内静止電位(Negative EP)の関係 265
2 八木伸也,他 フロセマイドと EP (その2) 267
2 吉田昭男,他 低周波振動の蝸牛に及ぼす影響 269
2 小林俊光,他 CM2の発生機序 271
2 橘 正芳,他 ゲンタミシン脳大槽内注入耳の耳毒性 273
2 三好敏之,他 家兎椎骨動脈への ADP 注入による蝸電図の変化について 275
2 宮崎 充,他 レーザー光線照射による蝸電図の変化(蝸牛と蝸牛神経照射例) 277
2 棚橋汀路,他 家兎下丘ニューロンの複合音反応 279
2 丹波英人,他 ヒゲコウモリ大脳皮質聴覚領における Wing beat 情報の表示 281
2 箕輪靖弘,他 カナマイシン,フロセマイド併用投与間隔と聴覚障害増強作用 289
2 金川清人,他 モルモット放射線聴覚障害の研究(第2報) 291
2 高島荘二,他 遺伝性高脂血症ウサギ(WHHL-Rabbit)の内耳障害の研究 293
2 伊藤 挙,他 ラット音響性耳小骨筋反射の解析 455
2 村田計一,他 ラット音響性耳小骨筋反射の中耳伝音の周波数特性 457
2 熊川孝三,他 耳小骨病変に伴う外耳道内音圧・位相変化 ―屍体側頭骨による実験的研究― 459
2 牧嶋和見,他 鼓室線維症(Tympanofibrosis)の成因について 535
2 星野知之,他 走査電顕でみるヒトらせん器内神経の走行 537
2 岡 良巳,他 蝸牛病理組織所見から推測される高度難聴耳 539
2 田中康夫,他 蝸牛性耳鳴に対するCaイオン効果について 583
2 鳥山 稔,他 生前耳鳴を訴えた患者の側頭骨病変 585
3 磯島愿三,他 雑音対雑音によるマスキングと2 音抑制との関係 183
3 角田忠信,他 角田法による40Hzの特徴と人の脳波の ERP との相関 479
3 野村隆彦,他 Pulsation threshold とdirect masking との比較 481
3 西尾廣久,他 雑音対雑音によるオーバーシュートのレベル効果と周波数効果 483
3 鈴木隆男,他 Foward masking による2音抑制のレベル効果と周波数効果 485
3 江口実美,他 各種変調周波数弁別能に関する研究 第2報変調音弁別と変調様式の弁別・識別について 487
3 阿部博香,他 失語症患者の両耳分離能 ―DLTの成績― 489
3 吉野公喜,他 言語音及び非言語音の知覚における REA について ―破裂語音と周波数変調音の持続時間を中心に― 491
3 細井裕司,他 聴覚障害者の語音異聴傾向の分析(聴覚系周波数特定を考慮して) 495
3 樋口彰宏,他 歪語音明瞭度検査における年齢変化 497
3 佐藤恒正,他 新しい方向感検査装置及びその応用 505
3 岡田いく代,他 発見ならびに措置のおくれた難聴児についての考察 507
3 松嶋孝子 中途失聴幼児のコミュニケーションの適応経過 509
3 岡田 好,他 難聴と精神発達遅滞を伴なう症例の聴性反応について 513
3 森 寿子,他 感音性難聴に微細脳障害を含併した一児童例について 515
3 石澤博子,他 難聴幼児通園施設における聴力管理 517
3 鈴木重忠,他: 入眠時聴性開眼反応を指標とした乳児難聴スクリーニング成績 519
4 永渕正昭 Delayed Auditory Feedback と耳小骨筋反射 1
4 大山健二,他 超音波振動刺激に対する蝸牛脳幹反応 79
4 船井洋光,他 プローブ音の連続周波数変化および位相計測を導入したインピーダンス検査法 ―インピーダンス・ベクトル軌跡(仮称)― 84
4 熊川孝三,他 W型チンパノグラムについての実験的研究 171
4 大沢広秀,他 削岩機による難聴の蝸電図所見 176
4 猪 忠彦,他 グリセロールテストの判定基準に関する再検討 194
4 舩坂宗太郎,他 周波数変調音による周波数特異性ヒト聴神経活動電位の誘導 231
4 芦田恒雄 耳管通気前後のtympanometry 591
4 市村恵一,他 乳児のインピーダンスオージオメトリー 600
4 大沢広秀,他 顔面痙攣症に対する減荷術(開頭術)後にみられた感音難聴例の蝸電図 608
4 小林潔子,他 幼児の聴性後耳介反応とその臨床応用 625
4 大沢広秀,他 爆竹による感音難聴の蝸電図所見,―臨床的ならびに実験的観察 283
4 花島隆敏,他 感音難聴の蝸電図 285
4 大橋 徹,他 SP/AP 比を応用した内耳の機能診断 287
4 森 浩一,他 SN10の成因について 305
4 中西靖子,他 5帯域コンパンダによるききとり明瞭度改善の試み 397
4 杉原三郎,他 ABR を使用した補聴器装用効果の他覚的判定の試み 411
4 八木聰明,他 ABR 異常と純音聴力図の関係 431
4 福地 淳,他 高度難聴者の ABR 435
4 岩永迪孝,他 甲状腺・副甲状腺疾患と AP・ABR ―カルシウム変動を中心として― 437
4 小川 郁,他 ABR と音響性耳小骨筋反射による脳幹・小脳疾患の鑑別診断 445
4 岡本和人,他 脳卒中患者における耳小骨筋反射と聴性脳幹反応 447
4 中島 務,他 インピーダンス法による耳小骨筋反射波形に及ぼす外耳道圧の影響 461
4 細谷 睦,他 聴覚刺激によるLPC(Late Positive Component)第一報 465
4 大石雄一郎,他 へッドホンによる音楽聴取後の一過性域値変動(TTS2) 499
4 阿部俊子,他 頭部回旋による純音域値変動(ドップラー法による) 503
4 伊藤治夫,他 小児の不快レベルの測定の可能性 521
4 野中信之,他 ことばのテスト絵本による囁語法聴力検査の意義 525
5 鈴木篤郎 聴性中間反応の周波数構成 7
5 上原紀夫,他 聴性中間反応(MLR)域値の信頼性 13
5 加藤栄一,他 ABR 各反応成分の出現性 ―自覚域値とABR 域値からの検討― 20
5 原田克己,他 聴性中間反応(Middle Latency Response)における Binaural Interaction(両耳干渉作用) 104
5 内田利男 聴性中間反応の実験的検索 114
5 板橋隆嗣 聴性頭頂部緩反応判定の一改良法 ―二連加算法― 130
5 三谷真理子 幼小児の覚醒時 SVR 検査 ―ワイアレスレコーディング法― 141
5 江原義郎,他 聴性頭頂部緩反応のディジタルフィルタによる分析 208
5 枝松秀雄,他 聴性脳幹反応の陽性緩徐波成分と下丘 ―下丘を中心とした等電圧地図の観察― 236
5 鈴木篤郎,他 聴性脳幹反応の周波数分析 ―刺激音強度および刺激間隔と反応周波数成分との関係― 631
5 船井洋光,他 聴性脳幹反応の陽性緩徐波成分と下丘―蝸牛および下丘破壊による観察― 297
5 斎藤武久,他 モルモットにおける Preyer 反射とABR 両検査成績の比較 295
5 浅井昌大,他 刺激音のパワースペクトログラムと下丘活動並びに ABR 波形との関係 299
5 鈴木 衛,他 キシロカイン静注による ABR,蝸電図の変化 301
5 平杉嘉昭 聴性脳幹反応(ABR)の起源に関する研究 303
5 和田広己,他 ABR 検査における対側耳マスキングの影響について 307
5 芳川 洋,他 聴性誘発反応検査におけるマスキングについて 309
5 阿瀬雄治,他 Derived ABR における耳小骨筋反射の影響 311
5 中村清純,他 諸疾患におけるABR 単耳刺激両側誘導による検討 313
5 山内盛雄,他 聴性脳幹反応(ABR)における両耳相互作用 ―頭頂-耳垂誘導法と頭頂-上咽頭誘導法の同時記録による検討― 315
5 白石君男,他 電位地図からみた聴性脳幹反応の第1波の極性について 317
5 野口高昭,他 III波による ABR 波間潜時の検討 319
5 猪 忠彦,他 両耳刺激による ABR ―両耳時間差刺激による ABR の検討 321
5 竹内義夫 両耳間時間差刺激によるヒト ABR 323
5 市橋欣哉 聴性脳幹反応に及ぼす非言語音および言語音負荷の影響 325
5 小寺一興,他 幼小児の ABR 聴力検査の信頼性 ―長期追跡結果による検討― 327
5 神崎 仁,他 ABR 聴力検査を施行された乳幼児の追跡結果 329
5 大西信治郎,他 新生児 ABR 選別検査における判定成分および選別音圧レベル 331
5 矢野 純,他 新生児・乳児のABR ―音圧と潜時の関係の発育にともなう変化 333
5 溝井一敏,他 聴性脳幹反応(ABR)の新生児・乳幼児への応用と問題点 335
5 須澤八千代,他 低体重出生児の BSR 所見について 337
5 石田正人,他 早産児のABR ―ABRのI-V波潜時の全身状態との比較― 339
5 天野美佐子,他 口蓋裂小児のABR 341
5 加我君孝,他 WaveI,IIのみ ABR で出現する幼児の聴性行動反応 343
5 横地健治,他 発達障害児における聴性脳幹反応と聴性行動反応の対比 345
5 真鍋敏毅,他 高度感音難聴児における ABR 検査の信頼性 433
5 深谷 卓,他 聴神経腫瘍の診断における ABR の意義と限界     441
5 江浦陽一,他 小脳橋角部腫瘍における ABR の検討 443
5 馬場駿吉,他 一過性脳虚血症例の ABR 449
5 山本哲夫,他 中枢神経障害児の ABR と VEP,SEP について 451
5 高木範男,他 脳幹障害と聴性後耳介反応(第2報) 453
5 上原紀夫,他 頭頂部緩反応(SVR)の実験的研究 463
5 平林 源,他 幼児の聴性中間反応波形について(デジタルフィルタによる検討) 467
5 小河原昇,他 アナログおよびデジタルフィルタによる幼児中間反応波形の比較 469
5 沖津卓二,他 聴性中間反応のパワースペクトルによる周波数分析 471
5 小林潔子,他 聴性中間反応を誘発する刺激音の有効部分について 473
5 内田利男,他 40Hz対応反応(event related potential)の generator について 475
5 原田克己,他 40Hz対応反応(event related potential)の聴力検査への応用 477
6 阿部俊子 頭部回旋による純音域値変動の研究 90
6 坂井 真,他 小児心因性難聴 201
6 河村進市,他 頭部外傷後遺症と聴覚障害(難聴,耳鳴)との相互関係の解析(第三報)数量化理論第III類による検討 223
6 喜多村健,他 一過性の後迷路性難聴 636
6 澤田政道,他 内耳空洞様奇形による高度難聴の一症例 347
6 土井勝美,他 マンノシドーシスの一症例 349
6 舩木フキ子 色素性乾皮症(Xeroderma Pigmentosum)による難聴症例 351
6 藤本明子,他 両側 Meniere 病症状を主訴した急性間歇性 Porphyrin 症の一例 353
6 吉田行夫,他 聴・平衡障害をともなったHeerfordt 症候群の一例 355
6 川城信子,他 小児の突発性難聴 357
6 木村 照 突発性難聴と頸部のこり 359
6 草刈 潤,他 突発的に聴力低下を来たした腎透折患者5症例 361
6 新川 敦,他 反対側聴力よりみた突発性難聴の予後 363
6 井上秀朗,他 突発性難聴の自然治癒例 365
6 長谷川充弘,他 特異な聴覚機能検査所見と経過を示した脳幹障害例 367
6 鎌田重輝,他 心因性難聴(続報 ) 369
6 工藤典代,他 心因性難聴症例 371
6 立木 孝,他 機能性難聴の臨床的研究 373
6 三好 彰 肢体不自由児入園施設における滲出性中耳炎罹患児の検討 375
6 後藤まゆき,他 口蓋裂患者における中耳疾患 377
6 西澤伸志,他 感音性難聴者の幼児期と青少年期の聴力の比較 379
6 根本乾一,他 一側性難聴の特徴について 381
6 佐藤護人,他 いわゆる流行性耳下腺炎ろうの臨床的研究 383
6 西岡出雄,他 手術により正常聴力にまで改善した内耳窓破裂症の一症例 385
6 喜多村健,他 一過性の後迷路性難聴 387
6 市川恭介,他 血液透析患者の聴力変動に関する考察 389
6 神林潤一,他 副交感神経遮断剤投与が有効であった感音難聴症例の検討 391
6 佐藤喜一,他 感音難聴に対するループ利尿剤治療の検討 393
6 福与和正,他 自覚的表現による耳鳴の評価 541
6 小田 恂 Pitch Match 法による耳鳴の検査 ―自記オージオメータの利用― 543
6 大内利昭,他 バランステストによる耳鳴の評価 545
6 村井和夫,他 遮蔽法による耳鳴の評価 547
6 町井一史,他 耳鳴の客観的評価に関する研究 549
6 松平登志正,他 耳鳴の Residual Inhibitation の有無に関与する因子 551
6 大山健二,他 耳鳴患者における Residual Inhibitation の観察 553
6 古賀慶次郎,他 騒音負荷後の一過性の耳鳴の消失現象―Residual Inhibitation―の法則性と測定法 555
6 日高道雄,他 耳鳴の自覚的音色についての客観的検討 559
6 渡辺尚彦,他 耳鳴の表現についての臨床的研究 561
6 森 俊文,他 耳鳴の音色表現についての臨床的検討 563
6 片山雄二,他 耳鳴410耳における耳鳴の性状の検討 565
6 斎藤達雄,他 耳鳴の自覚的表現に関する実験的・臨床的研究 567
6 鯨井和朗,他 横浜市内難聴学級生徒による耳鳴の調査 569
6 新村秀一,他 頭部外傷後遺症と聴覚障害(難聴,耳鳴)との相互関係の解析(第六報) 571
6 板坂恵美子,他 当病院における耳鳴患者の実態 573
6 大迫茂人,他 問診を利用した自覚的耳鳴の治療効果判定 ―多変量解析理論の応用― 575
6 坂田英治,他 内耳障害に起因する耳鳴の治療 その2:中耳腔ステロイド剤注入の効果 577
6 伊藤彰紀 内耳障害を主因とする耳鳴の治療 その1:粘膜麻酔剤中耳腔内注入による内耳麻酔法 577
6 沖  勉,他 内耳障害によっておこった耳鳴のキシロカイン静注による変化 581
6 関根修二,他 耳鳴治療における Band Noise Masker の効果 587
7 暁 清文,他 圧電セラミック素子を利用した生体植込み型マイクロホンの研究 75
7 相馬博志,他 補聴器装用による語音明瞭度の改善について 395
7 坪川俊仁,他 外耳道を形成した症例における気導ならびに骨導型補聴器の比較 399
7 堀内美智子,他 中等度感音難聴者に適合する補聴器の周波数特性 401
7 広田栄子,他 補聴器調整が音質評価に与える影響 ―中等度感音難聴者における検討― 403
7 渡辺治雄,他 補聴器における出力制限装置の調整について(その2) 405
7 工藤多賀,他 補聴器とUCL―周波数特性とピークについての考察― 407
7 下野智子,他 補聴器フィッティングシステムTR60の使用経験 409
7 橋本雅夫 補聴器装用前患者の心理テストによる不安程度 413
7 高橋信雄,他 聴覚障害児用の環境音受聴テストの試行(その2) 415
7 加納有二,他 補聴の背景としての騒音下発声音レベルの自己調節について 417
7 浅野 進,他 補聴器装用時における着衣の影響について 419
7 山内宏裕 教室内騒音下におけるFM 補聴器の実用性に関する実験 421
7 志水康雄,他 外耳道模型による補聴器の特性測定 423
7 服部 浩,他 狭指向性マイクの補聴器への試用 425
7 小川行浩,他 補聴器誘導コイルの実用感度 427
7 暁 清文,他 圧電セラミック型耳小骨振動子による聴覚の術中評価について 429
7 立石恒雄,他 Peep Show テストの音圧較正法に関する検討 523
7 金山千代子,他 高度難聴児の聴覚・言語発達の傾向と感覚の用い方 527
7 中川辰雄,他 聴覚障害児の第2フォルマント周波数の弁別について 531
8 細井裕司,他 FIRディジタルフィルタによる聴覚系の周波数特性のシュミレーション( 語音聴取能の新しい評価法のための基礎的検討) 643
8   第26回日本オージオロジー学会総括報告 41
8 幸田政次,他 マイクロコンピューターによるABR自動判定の試み ―ABRオートアナライザーシステムの試作― 439
8 本田 学,他 パーソナルコンピューターによる聴力検査のONline 処理 493
8   日本工業規格 オージオメータT1201 650
PAGETOP
Copyright © 日本聴覚医学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.